九セラ=九州型セーラー服の萌えポイ

九州型セーラー服 九セラ

九州型セーラー服即ち九セラセーラー服界の中でも特に最高峰の御一つですが、では九州型セーラー服とは何ぞやと申しまつと、矢張り一口では語り尽くせぬ物で御座いまつ。
其の点他地域のセーラー服と同じでつよね。

でつが九州型セーラー服の大きな特徴と致しまつて、
上の北九州型セーラー服の様に、

 1)襟が大きい
 2)胸当ても大きい(胸当てが無い場合も在る)
 3)胴体が寸胴型で在る
 4)袖カフスにセーラー線が無い事が多い
 5)学校の指導が厳しい為スカート丈は長い
 6)セパレートでなくジャンパースカートで在る事が多い

と言った点が挙げられるのでは御座いませんでしょうか?
総じて愛セラ即ち愛知型セーラー服との類似点が多く御座いまつ。

福岡に於かれまつて世界で初めてセーラー服が誕生した其の翌年に、愛知の金城学院様で早速セーラー服が採用されたと言う経緯も御座いまつのでしょうか?

尚、胸ポケットは外付け式の五角形であったり、切れ込み型で在ったり致しまつ。
愛セラは100%外付け式の五角形でつから、切れ込み型の場合は愛セラとは異なる事と成りまつ。

九セラ地方の御当地アイドルたん

九セラ地方は保守的な為学校の権力が強く男尊女卑も御残りで、女子生徒たん達の人権が軽視されがちと拝聴致して居りまつ。
従いまつて他地域の様な乱れた着崩しが許されず、比較的拘束通りの御着用を為さっていらっしゃる事が多う御座いまつ。
其の為芋可愛いセーラー服姿が多く御残りに成られていらっしゃるのでしょう。

九セラには強い憧れを御抱きに成られるセーラー服愛好家の御貴兄も多いのでは無いでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。